« ふにゃ日記 | Main | 「下妻物語」を見ました »

January 09, 2005

ジョーンズ作「魔法使いはだれだ」

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの大魔法使いクレストマンシーシリーズです。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ作: 魔法使いはだれだ(大魔法使いクレストマンシー)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ作: 魔法使いはだれだ(大魔法使いクレストマンシー)

舞台は寄宿学校、魔法使いは火あぶりになるという世界。
物語は、「このクラスに魔法使いがいる」と青いボールペンで書かれたメモから始まります。
それを発端に、クラスでは、魔法が使われたとしか考えられない出来事が起こります。
同時に、リーダーが優越感に浸りながらクラスをひっぱり、いじめが行われるという、いつもと同じ光景も繰り返されていきます。
果たして魔法使いは誰なのか・・・・

落とし所は「そうきたか」という感じでした。
クラスの混乱を示すように、話の流れがあちこちと飛んで、これは誰だったかと最初の人物紹介で確認することもありましたが(私は名前を覚えるのが苦手)、それも中盤以降は必要が無くなりました。
一人一人の個性がはっきりしたせいかもしれません。
面白くて続きが気になり、つい一気読みしてしまいました。

後半のあるシーン、私は「魔女の宅急便」を思い出しました。
キキはモップで飛びましたが、彼女だけじゃなかったのねぇ

|

« ふにゃ日記 | Main | 「下妻物語」を見ました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ふにゃ日記 | Main | 「下妻物語」を見ました »